「いのちぼうにふろう物語」パンフレット(1997年)

無名塾初の時代劇。山本周五郎の名作「深川安楽亭」を、隆巴の脚本で上演。

仲代達矢の妻宮崎恭子が、脚本家・隆巴として最後に手がけた作品。
「彼女曰く "私 周五郎ものが大好きだから。"
・・・そして彼女は、深川安楽亭を『いのちぼうにふろう物語』で映画に、
TVに、そして最後に芝居にしたのである」(仲代達矢のコメントより)
隆巴追悼特集として、仲代達矢を描いた色紙などを隆巴ギャラリーとして掲載。
販売価格
1,080円(内税)
購入数